ピーリング石鹸 比較のつぼ【人気洗顔石鹸ランキング】

肌とタバコの関係について

肌にとってたばこは良くありません。

 

このことは、良く知られているのですが、たばこの何が肌に悪いのかとなると、あまり知られていません。

 

何が悪いのかと言えば、ニコチンです。

 

ニコチンが血行を悪くしてしまうので、顔色だけでなく、肌の色全体がくすんでしまいます。

 

ですので、たばこを吸う人は顔に透明感がない人が多いのです。

 

また、たばこはビタミンCを奪ってしまいます

 

これも、当然肌に悪いですね。

 

ビタミンCは、ソバカスやしわを防止してくれる効果があります。

 

意識して摂取している人も沢山います。

 

その大切なビタミンCを奪ってしまうのがタバコです。

 

それも、たばこ1本で、レモン25mg以上のビタミンCが破壊されると言われており、その量が多いので大変問題なのです。

 

高級な化粧品などで手入れをしたとしても、たばこを吸ってしまうと台無しなのです。

 

と言われても、若いうちは自覚症状がないと思います。

 

しかし確実に、身体の中では一本吸うごとに老化を促進しているのです。

 

「喫煙者は、10歳は老けてみえる」という言葉を聞いたことがありませんか?

 

肌にとって、これは事実です。

 

ですが、禁煙となるとなかなかしんどいものです。

 

「禁煙すれば、こんな肌になれる」という目標のタレントさんやモデルさんのポスターやグラビアを毎日見るようにしてみませんか?

 

禁煙への励みにつながりますよ。