ピーリング石鹸 比較のつぼ【人気洗顔石鹸ランキング】

「お肌の曲がり角」っていつのこと?

お肌の曲がり角」という言葉、誰でも知っていると思います。

 

これを読んでくださっている方々の年齢は様々かと思うので、皆さんが自分の肌について「お肌の曲がり角」と思っているか否かは不明ですが・・・どうですか?

 

私的には、「お肌の曲がり角」って、30歳代かな?と思っていました。

 

でも、友人がこの間「もうお肌の曲がり角だね」って言ったんです。

 

年下の友人で、彼女はまだ20歳!私は、驚いたのを覚えています。

 

でも、振り返ってみると・・・確かに20歳の頃から肌が変化してきたなぁと思います。

 

特に、25歳ごろから急激に変化しました。

 

一番わかりやすかったのは、日焼けした肌がなかなか元の色に戻らないことでしょうか?

 

振り返れば、高校生の頃までは、真っ黒に日焼けしても夏が終われば日焼けが気にならなくなっていました。

 

本題に戻りますが、「お肌の曲がり角」はいったい何歳なのでしょうか?

 

はっきりしないのは、色々な説があるからです。

 

20歳、25歳、30歳・・・意見は分かれます。

 

20歳を指すという主張は、新陳代謝がそれくらいの年齢をピークに下がっていくということで20歳とされているのだそうです。

 

二十歳までは、何の手入れをしなくても、確かに大丈夫です。

 

しかし、この年齢を過ぎると、お手入れをしているかどうかで差が出てきます。

 

一部には、若いうちからたくさんの化粧品を購入させようという、化粧品会社の宣伝文句だという説もありますが。

 

お肌の曲がり角は、結局、人によって異なるもので、何歳から?ということに正解と言うのは無いようです。

 

なるべくその時期を遅らせたいと、願うのが女性ですよね。

 

それには、一番気をつけたいのが紫外線です。

 

とにかく、紫外線に無防備ではいけません。

 

きちんと防御したいものです。

 

タバコや、お酒、食べ物の影響など総合的なところではあります。

 

けれど、肌の老化の原因の半分以上は日光によるものだと言うのはたくさんの人の中で一致している見解です。