ピーリング石鹸 比較のつぼ【人気洗顔石鹸ランキング】

赤ちゃんの肌について

赤ちゃんのお肌は、モチモチ、ぷるぷるですよね。

 

これは、赤ちゃんの肌は、皮膚表面の体重に対しての割合が大人の約5倍にもなるからです。

 

その分、赤ちゃんのお肌はとてもデリケートです。

 

外からの刺激をとても受けやすい肌なのです。

 

大人の肌以上に、赤ちゃんのスキンケアには気を使う必要があります。

 

例えば、スキンケアの製品をほんの一部に塗っても、すぐ全身にまわります。

 

これは、有益なものであれば、それだけ効果が出ると言う反面、有害なものであれば大変なことになるのです。

 

お手入れに関してはとにかく気をつけなければいけないのです。

 

赤ちゃんの肌がデリケートなのは、大人よりもずっと皮膚の皮が薄いということもあげられます。

 

その分、羨ましいほどの透明感があります。

 

その代わり、色々な刺激から守ってあげる必要があるのです。

 

デリケートだからこそ、きめ細かくお手入れしてあげるのが大切ということです。

 

お手入れタイムは、沐浴の後がベストです。

 

このときの赤ちゃんは、肌が一番清潔な状態になっています。

 

沐浴に関しては、石鹸などは極力使用しないことです。

 

石鹸を洗い残してしまうとお肌のトラブルの原因になりますし、合わない赤ちゃんもいるからです。

 

もし、皮脂が固まったりしてしまっている部分があれば、その場合だけベビー石鹸を使ってください。

 

石鹸を使った場合は、丁寧に洗い落します。

 

皆さん迷うのが、UVケアの有無です。

 

最近の紫外線量はハンパありません。

 

そうなると、UVケアをした方が良いと思うのですが、UVケアの製品が肌へダメージをもたらさないかと、考えてしまいます。

 

ここで注意したいのは、赤ちゃん専用のものを用意することでしょう。

 

大人とは皮膚の厚さからして違いますので、専用のものでないとこれも肌トラブルにつながる可能性があるためです。